神奈川県秦野市平沢557番地
0463-82-4584
国道246号線沿

メニュー

TOP > ニュース

ニュース

国民年金保険料の控除証明書が電子データで受け取れます

確定申告・年末調整に必要な日本年金機構からの通知書の電子データをマイナポータルの「お知らせ」で受け取れる電子送付サービスが開始されました。 社会保険料(国民年金保険料)控除証明書を電子データで受け取った場合、年末調整に利用することができます。 詳しくはこちら...

続きを見る

【雇用調整助成金等】12月以降の特例措置について

雇用調整助成金等の特例措置が令和5年3月末まで延長されます。 助成内容は令和4年12月以降、通常制度となり助成率が減少しますが、業況が特に厳しい事業主については経過措置があります。 リーフレットはこちら...

続きを見る

非居住者を扶養親族にする要件が令和5年から厳しくなります

国外に居住している親族を税法上の扶養親族とする場合、令和5年1月からは30歳から70歳までの方について「留学ビザ書類」や「38万円送金書類」の提出又は提示も必要になります。 詳しくはこちら...

続きを見る

「令和4年版 過労死等防止対策白書」が公表されました

「令和4年版 過労死等防止対策白書」が公表されました。 我が国における過労死等の概要及び政府が過労死等の防止のために講じた施策の状況がまとめられています。 「過労死等をめぐる調査・分析結果」によれば、うつ病など精神障害による労災認定数が、2010年度から2019年度の10年間で、女性の認定は8割近く増加しています。 また、テレワークの頻度が高いほど睡眠時間も長くなり、男女ともに幸福感が高くな...

続きを見る

改正育児・介護休業法への対応をお願いします

育児・介護休業法の改正により、令和4年10月1日から、産後パパ育休(出生時育児休業)の制度がスタートしています。 また、夫婦で育児休業を交代できる回数も増えています。 休業を1歳以降に延長した場合では休業開始日が柔軟化し、各期間の途中でも夫婦交代での休業取得が可能となりました。 リーフレットはこちら...

続きを見る

【新型コロナ】標準報酬月額の特例改定の延長について

新型コロナウイルス感染症の影響により休業し報酬が著しく下がった方は、事業主からの届出により、健康保険・厚生年金保険料の標準報酬月額を、通常の随時改定(4か月目に改定)によらず、特例により翌月から改定することができます。 この特例措置は令和4年11月まで延長されています。 リーフレットはこちら...

続きを見る

「令和4年版 労働経済白書」が公表されました

「令和4年版 労働経済の分析」(労働経済白書)が公表されました。 【白書の主なポイント】 ・人手不足感が再び高まる中で、転職者数の大幅な減少が続くなど労働市場の動きには課題がみられる。 ・介護・福祉分野やIT分野の人材の需要の高まりなど、労働力需要の変化に対して、外部労働市場を通じた労働力需給の調整が今後重要である。 ・キャリアコンサルティング等を通じた主体的なキャリア形成の意識付けや、自...

続きを見る

【雇用調整助成金等】特例措置が11月まで延長されます

雇用調整助成金・休業支援金等の特例措置が令和4年11末まで延長されます。 雇用調整助成金等の上限額は、原則的な措置、地域・業況特例のいずれについても引き下げられました。 リーフレットはこちら...

続きを見る

職業安定法の改正 ~求人メディア等に関する法律が変わります~

令和4年10月1日に職業安定法が改正されました。 【改正のポイント】 ・求人等に関する情報の的確な表示の義務化 ・求職者等の個人情報の取り扱いに関するルールの見直し ・求人メディア等についての届出制の創設 リーフレットはこちら...

続きを見る

【雇用調整助成金】生産指標要件が変更されます

令和4年10月1日以降の休業から初めて雇用調整助成金(新型コロナの特例)を申請する場合は、 生産量や売上高などの「生産指標」が10%以上低下していることが支給要件となります。 緊急雇用安定助成金も同様の要件です。 リーフレットはこちら...

続きを見る

1 / 4912345...102030...最後 »